東日本大震災以降、エネルギー自給に対しての意識が大きくかわりました。
政府も再生可能エネルギーで作られた電力を買取るために、電気料金に買取のための負担金をつけてまで普及させようとしています。
再生可能エネルギーの中でも、一番手軽に始めやすいのが太陽光発電だと思います。
太陽の光は、通常、人が暮らしている環境であれば、平等に降り注ぐものですから。
でも、その立地や、取り付け場所の面積や方向によって、パネルを選択する必要があります。
発電能力が高いものは、小さなスペースでも効果的に発電できますが、そのパネルの価格が高いです。
まずは取り付ける現地を業者に見てもらって、見積もりをしてもらう事が大切です。
自治体によっては補助金が出るとはいえ、設置の手間はもちろん、パネル自体も高額なものです。
設置したものの売電どころか元がとれるかもわからないなんて、勿体ない結果になってはいけません。
今はネットで安心な業者を探せるサイトがありますので、まずはそちらに相談されることをおすすめします。
自家発電を始めると、売電できるのはもちろんですが、発電分と使用分の電力メーターが常に気になるので、逆に自然と節電ができるかもしれませんね。太陽光発電比較GOで太陽光発電の一括見積もり!