卒業までにかかる費用という比較で通信制高校を見ると、公立と私立では大きな隔たりがあります。
入学金一つをとってみても、公立では500円しかかかりませんが、私立だとその学校の方針によってばらばらです。
中には公立よりも安く入学金なしで入れるところもありますが、5万円や10万円ほどかかる場合もあります。
授業料に関しては一般的に私立のほうが高めです。
そして卒業までにかかる費用の中で最も差が大きいのが、諸経費です。
私立はとにかくこの諸経費が多くかかると考えていいでしょう。
公立では大体3万円ほどで済むそうですが、私立では年間20万円から100万円前後かかると言われています。
なので経済的負担から通信制高校を選ぶ場合は、公立のほうがメリットが大きい事になります。
しかし比較対象を費用ではなくサポート面に変えると、私立のほうに軍配があがるのも事実です。
何故かというと私立の費用の高さは、生徒へのサポートを充実させた結果と言えるからです。
公立よりも私立のほうが教師の目が生徒一人一人に届きやすいですし、勉強面や精神でのサポートもしっかりしています。
また通信制高校の勉強に追いつけない生徒をケアするためのサポート校も、私立と連携しているケースが圧倒的に多いようです。