ウォーターサーバーを使うメリット

ウォーターサーバーを使うことにより、水道水に含まれている有害物質を遠ざけることができます。有害物質とは、水浄化に使われる残留塩素や、水道管から溶け出して身体に蓄積されていく鉛です。しかし水道水に含まれる最も恐ろしい有害物質は「トリハロメタン」と言われています。
トリハロメタンとは浄水場で塩素殺菌を行う際に発生する発ガン性物質です。トリハロメタンが多く含有される水道水の地域は、そもそも水源がひどく汚染されている場合、浄化するために多くの塩素を投入することが原因となっています。使用する塩素の量に応じてトリハロメタンが発生する可能性は高くなってゆくのです。
塩素による消毒をやめれば済む話なのですが、水質の悪化がエスカレートし続ける現状では塩素およびトリハロメタンを抑える方法はありません。避けるためにはウォーターサーバーなどを使って、そもそも危険な水は摂取しないようにすることが最大の対策となります。
繰り返しますがトリハロメタンは発ガン性物質です。体内に入ると中枢神経や腎臓、肝臓など重要な器官に重大なダメージが与えられることが研究されています。またトリハロメタン類を摂取することで、アトピー性皮膚炎など肌質の悪化が招かれ、喘息、集中力の低下、疲労感、イライラなど軽微ながら深刻な悪影響があらわれます。最近の研究では、トリハロメタンの含まれる水道水を毎日飲んでいると、流産率が15%もアップすると報告されています。水道水専用ウォーターサーバー販売shop